極地の酒気帯びみきくんのフランキームービーリスト

クラシックランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ハイブリッド
2.SII
3.スターフォックスアドベンチャー
4.かけおち通り
5.生田敬太郎
6.カザフスタン
7.大石圭
8.ビギナー
9.吉高由里子
10.ジャッキ

i-mobile
占いランキング
Greatest Hits 私がクリスタル・ゲイルの歌を最初に聴いたのは、9曲目の
「DON,T IT MAKE MY BROWN EYES BLUE」、邦題「瞳のささやき」♪
当時唯一の情報源の、FMラジオから流れる、その鼻にかかった甘い歌声に
うっとりと聴き入りました!そして、何とも言えないムーディな曲★
その後、いろんな歌手がカバーしているように、まさしく名曲だと思います☆
シングル・レコードを買い、どれほど聴いたことでしょう・・・
同じように、16曲目の「HALF THE WAY」軽快なポップナンバー☆
21曲目の「YOU AND I」エディ・ラビットとのデュエットで、
とてもしっとり聴かせてくれる、AOR感覚溢れるバラード
20曲目の「YOU NEVER GAVE UP ON ME」キュートで素敵なバラード
レコードが増えていくばかりで・・・
私は別のベスト・アルバムCDを以前に購入したので、どちらかというと
カントリー・シンガーとしてのクリスタル・ゲイルの魅力の集大成でしたが、
この「GREATEST HITS」★、上記の曲が含まれていて、また全25曲でこの価格も嬉しい限りです☆
クリスタル・ゲイルという女性シンガーを知るのには、
まさに、とっておきなベスト・アルバムと言っていいと思います♪
ちなみに、映画「ワン・フロム・ザ・ハート」のサントラ・アルバム・・・
トム・ウェイツとのデュエットや、クリスタルのソロ・パートなど
こちらも魅力全開で、聴き応えあります★
クリスタル・ゲイル・・・大きな瞳で、とても綺麗な女性ですが
カントリー、ポップス、ジャズまで、歌が上手い人は、何を歌っても上手いです♪

マルコヴィッチの穴 DTSコレクターズエディション [DVD] 奇天烈映画なんだけど、余韻はみょーに重い。もう一度観たいような観たくないような..
マルコヴィッチが自身の中に入ってくシークエンスのあたりとか、
すごいイメージはたくさんあり、必見の作ではあります。
最後の三位一体もえぐいなあ。
みたあと、なぜかアルトマンの「3人の女」とかJ・ヴァーリーのSFを思い出しました。

splash!! vol.1 いつの時代においても、リアルなその時代における「サブカルチャー道」というものは、若い世代には必要であると思う。
今や『QJ』がかつてほどの“熱量”を感じなくなっただけに…
こういう作り手側の試行錯誤含めて、
「何かを突破したい!」という意志を如実に感じられる媒体の誕生には、
素直に応援したい!と思う。
創刊号だけに、編集部の右往左往がリアルに紙面から見られる部分はあるが、
それらもすべてはリアルである証であると捉え、
今後のさらなる“発信”→“エディット”→“パッケージ”→だから“発信”という、
「生きた媒体」としての成長にリアルに期待して、★5つです。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
アイドル画像ランク

today:045 yesterday:048
TOTAL:71077