戦場のホッケけ~くんのもんまり動画リスト

◆JPOPランキング◆
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.渡辺あすか
2.二人の世界
3.上町断層
4.ペルー
5.香川照之
6.はーいステップジュン
7.Skinny Puppy
8.Greenland Dog
9.村上友梨
10.スパイスカフェ

クラシックランキング
Big Star Blues  Big Star Blues・・・この曲を始めて聴いた時、ジャズマンをふと思い返した。なんとなく雰囲気が似ているような感じがしたからだ。ビッグスターって所がジャズマンと重なったのか?・・・まあそういう話は置いといて、この曲はタイトルと歌詞が一つのドラマになってて面白い。ビッグスターの悲劇という略をされているが、このビッグスター自身、自分を有名人と思っているが(実際そうなんだろうが)道行く人にはただうざったい人としか思われていない。ビッグスターが道行く人に自分を知っているかと聞くと、「あんた誰?」と言い返された時の虚しい気持ちをうまく歌っている。歌詞も面白いし、メロディ自体もノリが良いので何度聴いても飽きない一曲だ!

 二曲目の「朝方ムーンライト」もサザンのバラードシリーズの第一曲を飾ったほどの名バラードだ。その名のとおり、朝と夜の中間、月を見ながら聞くといい感じである◎


日本ミステリー文学大賞新人賞 受賞作 茉莉花(サンパギータ) 紹介文にもあるとおり、本作の主人公・水谷優司はヤクザ(の組長)ただし、ヤクザといっても、
とことん『いい人』にしてあるのが面白い(イメージ的には『ルパン'三世』が近いかも)
こんな善人ヤクザ、現実には絶対にいない。なのに不思議と違和感は抱かなかった。
『筋金入りの任侠者』という優司のキャラクターにぶれがないからだろう。こうした性格づけは、
脇役たちにも通ずる。各々キャラが立っており、中でも勝気な美人看護師・小泉温子に惹かれた。
フィリピン人のヒロイン・シェリーもかわいらしい。命を懸けて守ろうとするのも頷ける。
肝心の文章も、新人にしては上手いほうだと思った。なにより言葉選びや表現に
こだわりが感じられるのがいい。おまけにかなり読みやすく、一晩でイッキ読みしてしまった。
これでミステリー色がもう少し強ければ文句なし。とはいえ、謎解きよりも人間ドラマに
重きを置いた結果だと理解しているが。帯には『私はこの人のファンになれると思いました』と
今野敏氏が記している。当方もまったく同意見。浅田次郎の『きんぴか』や『プリズンホテル』など、
あの手の人情話が大好きなら、本作もたぶん楽しめると思う。評価は今後の期待を込めて★五つ。

Deep Love TVドラマ版アユの物語 第1巻 [DVD] 原作は読んでいないのでドラマとの違いがわからないが、ドラマ全体から感じられる物悲しさが出ていています。
岩佐真悠子のアユ役は普段の元気さとは違った印象でこれからのドラマでの活躍が期待される。
あと、岩佐真悠子のベットシーンを期待して買うなら×。ドラマとして純粋にみてもらいたい。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
洋楽ランキング

today:019 yesterday:046
TOTAL:70004