大久保ナンバー2つ~くんのスペクタクル動画天国

◆JPOPランキング◆
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ひらのあゆ
2.やまざき貴子
3.クレイマー、クレイマー
4.斎藤千和
5.中村雅俊
6.あんにょん由美香
7.ラブラドール・レトリーバー
8.スペースシャトル
9.藤原真理
10.IS12T

i-mobile
アニメ動画ランキング
ライフ・イズ・ビューティフル【字幕版】 [VHS] レビューをみたが、否定している人のいっていることに腹が立ちました。確かにこの作品には、ユダヤ人迫害についてのもっと深い部分にはふれていませんでした。もしこの映像が歴史的事実を伝えるための記録映画であったのならばこれは被害者たちにとっては耐え難いものになるでしょう。でもこの映像はあくまで普通の“映画”なのだからそこについて言及するのはどうかと思います。
戦争の厳しさ、悲惨さ、過酷さが描かれていない。確かにそうだとは思いますが、そんなことは小学校一年生でもわかります。これは戦時中の中でも、むしろ戦時中だからこそあった家族愛に焦点を当てたものなんじゃないかなと思いました。過酷な中だからこそ自分の息子、奥さんに少しでも希望を与えようとする。どんなに暗く、重く、極限状態にあってもその中にある小さな光を忘れずにつかんでいく。戦争映画の闇の部分でなく、あえてその中にでもあった小さな光の部分についてスポットを当ててみた。life is beautiful.
私は、素直に感動しました。

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)  生きて生活する我々の世界にとって、“死”とは忌むべきもの、絶対に直視したくないもの、全ての“消滅”に過ぎないもの、という固定観念は今も根強く健在します。
 ロス医師は1965(S40)から末期患者へのインタビュー・セミナーをされたということですが、現在においても“死”は人目につかないところへ避けられ、目を向けられず、“縁起が悪いだけのもの”とされています。
 しかもそれが、心身を治療すべき医療現場においてでさえ、“死=失敗作品”という歴然とした烙印を押されているように思えてなりません。
 1965年頃という随分前の時代であること、そこが日本と違った価値観を持つアメリカであること、抜粋されたインタビューがかなり“理性的”な人達に絞られていること、彼等は全員、幼い頃から“キリスト教(会)教育”を施されていること、それに伴い病院には当たり前に“牧師”が居るということ等‥現代の日本に住み、特に信仰や神を持たず、また別に理性的でもないフツーの私たちが、果たしてこれらのインタビューをどの様に受け入れるのか‥きっと、読む人の感性によって随分左右されるのでしょうね。
 私は、この本を読むのに随分エネルギーを要しました。何か胃の辺りが調子悪くなって‥無意識に、自分も患者になって行く様な気分になってしまったからかも知れません。
 でも生きている我々にとって、“死”から逃避することは不可能です。ですから必要以上に避けようとしたり、逆に恐れ過ぎる必要はないのではないか?‥と感じさせられました。
 柔軟な思考を持つ若い方々、逆に身内にご不幸が訪れ始めた世代の方たちにも、是非一読して頂きたいと思える一冊です。

ルパン三世 ルパンには死を、銭形には恋を 今日届いたので早速やってみました。

内容も面白く、銭形をプレイできるというのもとてもおもしろかったです。

課題(?)となっていたカメラアングルも改良されていたのでそれなりにやり易かったです。

しかし、どぅも話が短い気がしてなりません。

1作目のような超大作を期待した自分がいけないのでしょうか?

それでも、ちょっと物足りなさを感じます。もっとじっくり描いて欲しいと思いました。

そして、売りの「変装」ですが、変装する(できる)箇所が少なすぎました。ちょっとショックです。

謎解きもL.A.Eも数が少なかった気がします。

しかし、BGMなどのコレクション要素はいいと思いました。

全体的に満足ですが、ストーリーの短さと変装場面が少なかったがちょっと残念だったので

全体は星4つとさせてもらいました。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
洋楽ランキング

today:021 yesterday:020
TOTAL:73941